聖闘士星矢海王覚醒で10万円投資して無事死亡




皆さんこんにちはreuです。

この間もうパチスロはやめると言っていたのにまた行ってしまいました。どうしても聖闘士星矢海王覚醒

が打ちたくなってしまい。。土曜日の朝っぱらから来店取材のある店で打ちました。

この台はARTという出玉が増えるモードにとにかくなかなか入らないけど、入れば平均1300枚(3万円くらい)は出るという昨今稀に見る荒波台。ぶっちゃけ原作はほとんど知らないけどこのギャンブル台で出しまくりたいという気持ちが高まってしまったのでした。そういえば母親が原作の事大好きだったなあ。。

とりあえず抽選と台確保

抽選の並びは150人くらいだったかな。抽選の番号は123番w 7台しかないからもう打てないなと思いつつもダメ元で並んではいりました。

なんと運よく1台空いてました!!データを見てみると前日万枚でていた台w

これは誰も座りたくないわけだわw

しかし前日から何回も夢で打っているのを見るくらい心待ちにしていた俺。座らないわけはありません。

実践開始

打ち始める俺。延々とレア子役やコスモポイントを貯めて前兆に入るが全く何も当たらない!!

初当たりはもちろん天井の999ゲームでした。(天井に行くのに24000円くらいかかります。)

この台はまず海将軍激闘という疑似ボーナスに入り、そこで3ラウンド敵とバトルを行います。その3ラウンドすべてに勝利すると、晴れてARTに入るというもの。つまり負けてしまうとほとんど出玉も無く、0ゲームからまた海将軍激闘を当てるという旅に逆戻りという事になります。

更にえげつないのはこの海将軍激闘は負ければ負けるほど突破しやすくなり、最大10回目で必ず突破するという救済機能がついていること。つまり、辞めるに辞められなくなるんですね。あと、不屈ポイントというシステムがあり、これはプレイヤーに不利な事(海将軍激闘初戦負けとか)が起こると溜まっていき、最大ポイントになると海将軍激闘突破確定になります。このように打ち始めたら最後、ARTが当たるか、種銭が尽きるかのどっちかになりやすい台。ほんと危険な台です。

5回スルーしてもあたらない

結局天井に4回、1回強チェリーであたった海将軍激闘いずれも突破できず。その時点で投資7万くらいでしたwもうあかん、今日で撃沈してパチスロとはおさらばや、もう半分すがすがしいくらいの気持ちで打ってました。そしてお隣さんも同じく爆死状態。もう二人で延々と追い銭しているような状況。群がるハイエナどもw少しでも席を立つとハイエナが2,3人大急ぎで群がってきましたw

途中からはフェイク離席を5回くらい繰り返してあげましたw

不屈ポイントがマックスになってやっとあたる

もうやめるかーと思ってたら不屈ポイント最大の示唆演出が出た。

中と大が結構紛らわしいけど、大は波みたいなエフェクトがしっかり左まで届く感じ。これで、次の海将軍激闘は突破確定。しかし、今回も天井まで連れてかれますw本当天井以外で全く当たりません。ほんとに鬼畜台です。結局投資は10万。

ARTは一応でた

結果は2500枚ほどで終了。半分くらい戻ってきたのでまあ最悪の事態は避けられました。まあ十分な痛手ですがw以下が昨日のスランプグラフです。

この台はマジで危険

前評判どおりARTの初期ゲーム数はだいたい200-300で始まる事が多いようでした。ART中も結構謎乗せや特化バトルに行ったりするので性能は高いと思います。でも、継続バトルは周り見てもあまり継続してないようだったので、いかに最初のゲーム数の時点で事故らせるかが大事だと思いました。

しかし、7台中3台が最大5000枚以上のマイナスとなっており、朝から打つもんじゃないと思います。とはいえ朝から打ち始めた人もなかなか辞めないのでハイエナしようと思ってもできるもんじゃありません。後、ART入っても300-500枚で終わってしまうという事がほとんどで、それ以上でるのが1/5程度といった感覚です。だから、必死になって追いすぎるのも危険だと思う。僕は運よく5万戻ってきましたが、本当に危険なのでご注意ください。。

後日談 海王覚醒で万枚達成

こちらの記事でも書いたのですが、

海王覚醒で万枚達成しました。

その時の写真がこちら

ご覧の通り12000枚出して、残り2000ゲームのまま閉店してしまいました。もっと早くから当たっていれば二万枚行けていたとおもいます。。

きっかけは千日戦争で1000ゲームほど乗せた後更に黄金バトルのデスマスクが20連くらい続き2000ゲームほど上乗せたと言うww

いやはや恐ろしい台です。

触らないことをおすすめいたします。

借金にお悩みの方

借金にお悩みの方、一人で悩まないでください。

債務整理、債権者交渉を専門とした弁護士に相談してみましょう!

債務整理を行って負担を軽くする、ローンをまとめて金利負担を下げるなどなど少しでも状況をよくする方法はいくらでもあります!家族にバレないように債務整理をすることも可能です。一度まずは無料相談を!