ロシアでシェアNo.1のアンチウイルスソフトDr.webについて調べてみた




Dr.webというウイルス対策ソフトを知っていますか?

実際にDoctor Web のウェブサイトにアクセスしてみると、見るからに怪しい感じのホームページが現れます。色といい画像といいネーミングといいなかなか怪しい感じです。

KATANAって。。

アンチウイルス製品なのに、逆にこのソフト大丈夫なのかな?と思ってしまいます。なんかすごく緑なホームページですし、毒々しい感じですw

逆に気になるのでどんな製品なのか調べてみました。

どこの会社?

2003年に設立されたロシアの会社です。

元ソ連空軍パイロットだったイーゴリ・アナトリエヴィッチ・ダニロフという方が立ち上げた会社です。

なので、ユーザもロシアやウクライナなどのユーザが多いです。

日本で生活しているとロシアのIT製品てあまり馴染みが無いですよね。

ですが、セキュリティと軍事というのは非常に密接な関係があるようでロシアをはじめイスラエルなどもセキュリティ系の製品に力を入れています。実は独特で魅力的な製品が多いです。

カスペルスキーと言うロシアの会社もセキュリティ分野では有名ですよね。

日本国内での販売

個人向けのシェアは恐らくまだかなり少ないんじゃないかとは思いますが、

意外と2010年ごろから法人向けには販売されているみたいです。

ロシア国防総省をはじめとする政府機関、
自治体などで採用されている実績から法人向けの提案はされているみたいですね。

実は、ロシア国内では90%に迫るシェアを持っているそうです。凄いシェアですね。

あとはコンシューマ向けですが、
アンドロイドの無償アンチウイルスソフトとして提供されており、
実はこれも世界的にトップのシェアという事です。

Andoroidのアンチウイルスソフトとしては確固たる地位を得ています。

個人向けライセンス、価格体系

Doctor Webのサイトに詳細は記載していますが、個人向け製品も日本向けに売り出され始めています。

恐らくベーシックなモデルはDr.Web Security Spaceという製品かと思いますが、1PCと1モバイルデバイスにインストールすることができ、3100円という値段です。サブスクリプションライセンスのようなので年ごとの更新が必要ですが、更新費用はだいたい1500円くらいかと思われます。

価格はまあ普通って感じでしょうか?モバイル(Android)も防御対象にできるので、その分お得という感じです。

やはりAndroidを軸に強味を持っている製品といえます。

特徴

従来のシグネチャ型のアンチウイルス機能に加えて未知のウイルスにも対応できる技術が採用されています。

とある調査によると企業で他社製のアンチウイルスソフトを入れていたPCに対してこの製品でスキャンしたところ、実は10%のPCがすでにウイルスに感染していたという事がわかったことがあったそうです。

そういった、他社では見つからないような未知のウイルスに対しても効果を発揮できる技術力が非常にロシアで評価されています。

また、最近世界的に猛威を振るっているランサムウェア(PCを暗号化し身代金を要求するウイルス)に対する効果についても強みを持っています。

そのほかはDr.webが利用するアンチウイルス定義ファイルのデータベースに記載される内容がその他の製品に比べて少ない容量の為、ストレージ容量を圧迫しない、メモリを節約できる、アップデートを取得する際にインターネット回線を圧迫しないなどのメリットがあります。つまり、動作が軽いという事です。

繰り返しになりますが、パソコンに加えてアンドロイド端末も保護対象にできるので、
PCもスマホも一つの製品でカバーできると言うのもメリットです。

ロシアの国防総省などで使われているというのは、とても高い信頼を勝ち取っているという証でもあります。

提供機能

よくあるアンチウイルスだけでなく、様々なセキュリティ機能を包括的に提供できます。

SpIDer Gate

ウェブページの検査をリアルタイムで実施し、フィッシングサイトなどの危険なリソースをブロックするHTTPモニターです。

プリベンティブプロテクション (予防的保護)

ご利用のアンチウイルスのデータベースに追加されていない「ゼロデイ」脆弱性の悪用を含む最新の脅威、標的型攻撃に対して、予防的保護を提供します。

データ損失防止 (バックアップ)

バックアップコピーを定期的に作成することにより、データ損失防止機能はランサムウェアによって暗号化されたファイルを破損から守ります 。

Anti-spam

迷惑メールを検出する機能。誤検知率もかなり低いことが特徴。

Parental control

主に子供向けのアクセスコントロールを提供する機能です。アダルトコンテンツなどキーワードに応じてWEBアクセスを制御する機能です。

Firewall

ゲートウェイ型ではないクライアント型のファイアウォール機能。PCの乗っ取り、リモートコントロールを防ぐ機能です。

リムーバブルデバイスのロック

フラッシュカード、PCに接続するときにUSBポートを利用するウェブカメラ、デジタルカメラ、MP3プレイヤー等のデバイスへのアクセス制御を行ないます。個人ではあまりないかもしれませんが、データの持ち出しなどを防ぐための機能です。

Dr.Web Cloud

フィッシングサイトなど悪意のあるサイトへのアクセスを遮断する機能です。インターネットに接続されている場合、ユーザがアクセスする全てのURLはDoctor Webのクラウド上で照合されます。PC上の定義ファイルの状態にかかわらず、URLはリアルタイムで検査されます。

Anti-virus network

ローカルネットワークに接続された他のPC上のDr.Web Anti-virus製品をリモートから管理することを可能にします。

さいごに

パッケージのセンスは何とも言えないですが、ロシア国内ひいては世界のアンドロイド端末用アンチウイルスとしても非常に評価されているアンチウイルスソフトだと言うことがわかりました。

アンチウイルスソフトの購入を考えているかたで、
できるだけ動作が軽く、未知の脅威にも安価に対応したい、PCとスマホも対応したいという方、是非詳細情報もご確認ください!