僕のゲーム依存の症状と克服するためにやったこと




こんばんはreuです。

僕は半年前くらいまでゲーム依存症でした。今はきれいさっぱり抜け出すことができましたが、当時の自分の症状や辞め方について今日は書こうかと思います。

FPSにドはまりしていた

元々はメタルギアオンラインというTPSと呼ばれるゲームを楽しみにPS4を買ったのですが、そのメタルギアオンラインがとてつもないクソゲーですぐに飽きてしまいました。。とはいえ半年くらいはやっていたのですが、それが2015年くらいの事かな?そこから知らず知らずゲームにハマっていくのですが、最終的にはレインボーシックスシージというゲームに出会ってから完全に依存症のようになります。

このゲーム本当に傑作だったんです。

屋内戦でテロリストと屋内防衛に分かれて戦うFPSだったんですが、リスポーン(復活)が無く、一回死んでしまうと決着まで復活できないというスリルと戦略性の奥が深く病みつきになる要素がたくさんありました。このゲームに出会って丸一念で1000時間くらい確か費やしていたと思います。結婚している大の大人がですよ?w

それは相当のハマりようだったかと思います。

寝不足、サボリが横行していく

この頃からサボリ癖がもちろんあったので会社をさぼったり、早退したりしつつネット上で知り合ったフレンドとチームを組んでいつもゲームをしていました。仕事以外の時間のほとんどをゲームに費やしていて嫁にも相当呆れられていました。一度あまりにひどく、嫁が体調を崩してもそっちのけでゲームをしたりしていたため、怒らせてしまい実家に帰られてしまうという事件も起こりました。。

だんだんと夜も夜更かししてでもやるようになり、朝起きられずそのままサボってまたゲームをするというアホみたいな行動をとるようになっていきました。

やる時間をコントロールできない

時間決めてやれば大丈夫と言い聞かしてもそれが全くできない。。家にゲームがある限り自分をコントロールできず毎日没頭してしまうしかありませんでした。辞めるという選択も、せっかくここまでやってきて上手くなったんだしもったいないという思考になりなかなか辞められませんでした。

最終的にはゲームを売った

もうゲーム機がある限り絶対に自分をコントロールできないというレベルで依存していたので、ある日思い切ってゲームデータを初期化しました。そして、すぐにメルカリに出品して売ってしまいました。ゲーム自体はとても楽しくできれば辞めたくなかったですが、反面仕事などにかなり支障をきたしていたので、辞めたらなにか好転するかもという期待もありそういう行動をとる事ができました。

一回売ってしまえばやりたくてもやれないし、買いなおすのも相当面倒だし金もかかるので再発はしませんでした。今でもたまにやりたくなるときはありますが、どうやってもできないのでしかたありませんw

スマホゲームへの依存

話はややそれますがスマホゲームにもかつてやや依存し、課金などもしていました。これらもなんとなくゲームをやらされて時間を浪費している感覚が嫌でデータをすべて消したり、アカウントを販売したりして再起できないようにして辞めました。それ以来やってません。今思えば当時いくつものゲームを平行してやっていてかなり時間をとられていたように思います。

さいごに

ここまで書いてきましたが、結局ゲーム依存を断ち切ってから封印しかけていたスロットへの依存が再発してしまうんですけどねwもうこれどっちが良かったのかよくわかりません。スロットも辞められれば万々歳なんですが。

かといって、じゃあ空いた時間を何に充てるんだ?っていう疑問がでてくるわけです。結局ほかの娯楽にあてるのであれば、ゲームでもスロットでもよかったじゃんっていう堂々巡りみたいになるんですが、やっぱり自分が制御できない、そしてそうなると危険なものにハマるのはよくないよなって思いました。