ブロガーはやっぱりなんか胡散臭くて説教くさい




どうもreuです。

じぶんもブロガーを続けている以上、いろんな成功してるであろうブログも覗かせて頂いています。

実際デザインがきちんとしていて、典型的な「~である~個の理由」みたいな題名の記事がいっぱい載ってるサイトはだいたい10万PVくらいいっているようです。

そういうサイトを見ている中で思った事を吐き出させてください。

自分のブログは意識低い系?

僕はこんな緩く中身のない記事ばかり書いているので、いわゆる意識高い系ブロガーから見たら、話にならないと思われるでしょう。。

こんなんで読者がつくわけねー、PV稼げるはずがない

と思われても仕方がない。

自分は元々ブロガーの記事ってなんか胡散臭いよなって常々思っていたし、そういう成功者のブログ全体の記事から意識高い感じがにじみでているように感じてしまう。

そういう事もあってあまり意識高そうな記事は書かないようにしているのだが、実際には意識高い系のブログはさっき書いた通りGoogleから評価されていてPVも多いサイトが多い。

まあ中にはギャンブルや借金ブログのように意識低いけど100万PVとか稼いでいるサイトもあるけど少数派だろう。

自分も意識高い系になるべきなのか

そういう現状を顧みると、そういう成功している人の真似をした方がいいんじゃないかと思えてくる。

そしてこのままじゃただの個人ブログの域を出ないんじゃないかと思えてくる。

自分のやり方が通用するのかどうかわからないときには、特に現状成功している多数派の真似をした方が安全だと思うのは当然だ。

そういう意識高い系のブログを真似をするのが戦略としては簡単なのだと思う。

なぜ意識高い系ブロガーが多いのか

しかし、なぜこれほどに意識高い系ブロガーが多いのだろう。

正直僕はブロガーについて全く詳しくないが、ブログの手法を一般化させた人として有名なのはイケダハヤト氏だろう。

そしてイケダハヤト氏のフォロワー、もしくは無意識に影響を受けている人はもう山ほどいる。

意識高い系のブロガーはたいていそれだと言っていいんじゃないかと思えるほどだけど、正直イケダハヤト氏が意識高い系そのものという雰囲気を感じてしまうので、フォロワのブログも同様の雰囲気を感じてしまうという事だろう(イケダハヤトさんすいません)

あとはなんだろう、情報発信系の個人ブログという事となると、当然筆者が講師的な役割となり様々な情報を講義していくような体裁になりやすいので、おのずと説教臭くなってしまうのかもしれない。

ここまで書いてきて思うのは、説教臭くて薄っぺらいもしくは欲が透けて見えるというのが意識高い系の特徴だという事だ。。そのようになるのはできれば避けたい。。

 

さいごに

自分は意識低いというより、まずブログを書くうえでの定石が抑えられておらず実践できていないというだけのことかもしれない。意識も低いとはおもうが。

意識高い系ブロガーはそこはちゃんと押さえてるうえで説教臭くて薄っぺらいという事なんだろうw

自分としてはやはり意識高い系ブロガーは好きになれそうにはないので、意識低い系でマイペースに行きたいとは思う。

この時点で成功する可能性はひくいのかもしれないけども、正直意識高い記事を書き続けるにはもの凄いパワーが必要だと思うから単純僕にはそれを続けるのは無理ってのもある。

それにしても最近このブログがただの日記帳のようになっているのでもうちょっと中身のある情報発信をしないとダメなんですが。。

ただ、意識高い系で頑張っているブログでも急に更新が止まったりってことも多くみられるので、やはり全部が全部成功するわけではないし、そういう記事を量産するのは結構辛い事なんだと思う。

まずは一年しっかりブログを続けることを目標にしたい。