一日に感謝をして生きていこう。。無駄に過ごした今年の夏休みから得られたこと。




どうもサボリ癖ギャンブル依存症ダメリーマンreuです。

今年の夏休みはお盆に合わせて数日有給を取得しただけでした。十分な日数だったが、あっという間に過ぎていってしまいました。

5連休程の休みで、休みが取れたことはうれしいのですが、今年もあまりに中身のない休みを過ごしてしまいました。

しかし、ふと考え方が変わった部分もあるので書いておこうと思います。

ゲームアプリに時間を費やす

据え置きゲームを辞めて、パチスロも辞めて、今度はゲームアプリをやるという本当に意味の分からない事を自分でもやってしまっている。

休みのうちほとんどの時間をアプリに費やしてしまった。

しかし、ゲームアプリをやらなければ本当に退屈でやる事がないのでやってしまいました。

いや、なんというか本当に情けないし、このままじゃダメなんだろうなという気持ちです。もう30歳になるのにも関わらず、こんな大学生のときと同じような自堕落な生活をしていては。。

唯一まともだったのは娘と公園で遊んだこと

夏休み中唯一よかったと思えるのは、公園で娘と遊んだことです。

ため池みたいなのがあって、泳いでいる鯉を見たり、ボール遊びや遊具で遊んだりというふつうの事をしました。

あとは、そこに遊びに来ていた他の子どもさんとも一緒に遊んだこと。

すごくいい子で娘と仲良く遊んでくれました。

ママさんとも世間話を少ししましたが、こういうふつうのお父さんができていることを自分は全然できていないんだなと改めて思いました。

そしてそういう時間も普通に楽しめるじゃないかという小さいですが収穫もありました。

どんな日でも一日に感謝しなくてはいけない

書くことが無さ過ぎて中身のない夏休みですねw

しかしその中でもふと思った事ですが、自分がクソだと思える過ごし方だろうが、今日は良かったなと思える過ごし方だろうが、それをいちいち評価して挙句全否定してしまっては自分の人生を否定し続けるだけではないかということでした。

確かにゲームアプリをやりまくったのはよくなかったかもしれない。

だけど、今日一日ふつうに終えられたことはそれだけでもよかった事だし、それこそよく言われる生きたくても生きられなかった人もいる。単純に一日を終えられたことに感謝しなくてはいけないなという風に思いました。

そう思ったら、今日確かに自堕落な日を送ってしまったけど、少し気持ちが楽になるように気がしました。もしかすると、毎日完璧に過ごさなければいけないというプレッシャーが知らず知らずあったのかもしれません。

これからは、どんな一日でもよかったと感謝するようにしようと思います(´・ω・`)