禁スロ再始動 リーマンしながらスロを打つのは辛い




どうもreuです。

年明けから一ヶ月。

禁スロ失敗して毎日毎日スロットを打つ日々でした。これだけリバウンドしてしまうとは自分でも信じられないくらいですが、やってしまったものは仕方がない。。

ダイエットと同じで極端なことをしても、より戻しがすごいんだなというのを感じました。

一か月スロを打った感想

正直出ているときは楽しかった。

やっぱり自分はスロが好きなんだろう。収支も何回か高設定を掴んだおかげでプラスのままです。

ただサラリーマンをしながらスロをやるというのはとても辛いということを再認識した。

まず土日しか打てない。それ以外の日で打とうとすると仕事をサボらなければいけない。つまり仕事に集中できなくなる。実際ここ一か月サボりまくって、結構危ない局面が多々あったw

見積適当に作ってお客さん困らせたりとか。。

土日にしか打てないとなると勝率も下がる。土日は黙ってても客が来るので設定は使わないという店が多い。

事実最近は差枚数などがネットで見られるのでデータを見ていたが、やはり土日は店全体の差枚数が大幅にマイナスということが多い。

これじゃあ金がどんどんなくなるだけだ。

さらにさらに運よく高設定を掴んだら閉店まで回さざるを得ない。嬉しい反面休日が丸々なくなり体もつかれる。ストレスは解消できても体は疲れるんだよね。

休日を有効活用できないと、家族との時間も減るし、仕事のための勉強をする時間もなくなっていく。

やっぱり辞めるべきだよなと思った。

大学生、無職など時間が有り余ってないとスロでそれなりに勝ちながら続けるなんて無理だ。

わかっていたことではあったけど再認識しました。

禁スロのスタンス

禁スロする上でいいなと思うスタンス。

僕には無理かもしれないけどツイッターで知り合った二人の方がいます。二人とも僕より年上の方ですが、そんなに禁スロするっていうことに固執しすぎてない感じがするけど、ちゃんと程よい距離をとっているようにも見える。

やらないほうが生きやすいから辞めているだけ、スリップすることも不安だったけど今ではそれもどうでもいいんです

そういう言葉を頂いたんですが、自分の中ではしっくりきたような気がします

前禁スロしていた時には、一切の妥協も許さないようなスタイルでした

失敗したり心が揺らぐたびに自分に嫌悪感を感じるしそれがストレスになっていたような気がする

禁スロをするために生きているような感覚になっていたし

そういう拘りすぎている心境はそれはそれで生きづらさを感じていた

なので今度はもっと気楽に程よい距離を保つということを念頭にやろうとおもう。

それでは