禁スロ禁パチ。スリップする前提で家計を考える。




どうもreuです。

禁スロ再スタート6日目。今日もパチ屋によってしまうというピンチを迎えましたが、何とか打たずに帰ることができました。危なっかしいし、自分が本当に信じられない気持ちです。

自分が信じられないということに対する対策として、今月からはスリップする前提で家計を考えるということを始めたので、紹介しようと思います。

スリップすることを前提にする

僕はIT系の営業をやってるので、サイバーセキュリティの提案をすることもあります。

セキュリティ対策の考え方として、従来はセキュリティ脅威を社内に絶対に入れないという考え方が主流でした。

しかし、今は攻撃手法が巧妙化、マルウェアも未知のものが次々に作られるため、もはやそんな考えは通用しなくなっています。

そこで今ではセキュリティの脅威が社内に入ったとしても被害を最小限にしようという動きがあります。

今回紹介する話も発想は同じです!笑

スリップする前提で家計をコントロールするということです。

具体的な方法

具体的には何も特殊な話では無いのですが、給与が入ったらすぐに必要な支払いはまず全部済ませるということ。

家賃、交通費、家計、通信費、光熱費すべて払っちゃいます。

次に自分の小遣いはデビットカードやSuicaなどにチャージしてしまいましょう。

そしてそれが終わったら残りのお金を全て貯金用口座に移します。これについては全てではなくてもまとまったお金、10万なり20万なりと決めてもいいです。とにかくまず預ける、というか貯金用口座に送金します。

次が味噌でその貯金用口座の通帳やキャッシュカードは妻もしくは夫など、信頼できる人に預けておきましょう。自分では引き出せないようにしておきます。

このように予め貯金に回すことで嫌でもお金が溜まりますし、万が一スリップした場合でも被害を最小限に食い止めることができます。

最悪スリップしてしまってもそれだけまとまったお金が残れば、まあそこまで問題にはならないでしょう。

ちゃんと完全に辞めると言うことは継続する

とはいえ、お金だけがギャンブルで失うものでは無く、時間を犠牲にするので一切辞めるという気持ちは持ったほうがいいと思ってます。

完全に辞めるべき理由はこちら

パチやスロを辞めたらどんないいことが待っているのか、まず自分に言い聞かせてみる

2018.05.07

金は敢えて自分がコントロールする

「そもそも給与口座自体信頼できる人に預ければいいじゃん?」

て話もあるかと思いますが、そこまでするとストレスは溜まっちゃうものです。
段々不自由に感じるようになるし、ひょんな事で大金を手にするとギャンブルに走る恐れもあります。

自分も体験済みですが、給与自体を誰かにコントロールしてもらうと、不意に自分がお金を持った時に反動がきてしまうことがあります。

普段から自分でコントロールするからこそ、回復に繋がると思っています。

最後に

欠点としては、信頼できる人がいなければ成り立たない方法ということ。独り身の人には効果はありません。

兎にも角にもこの方法で先月何度もスリップしましたが数十万貯金することができました。

ぜひ取り入れてみてください。

一緒に頑張りましょう。

6 件のコメント

    • 昨日打ってしまいました。大バカ者です。
      昨日また5万以上負けました。もうキャッシュカードは妻に預かってもらうことにしました。
      物理的に打てない状況にしようと思います。。

  • こんにちは 5000枚スゴイですね 自分なら最後に20円で運試しするな まし負けたら本当に諦めついて断スロ加速できそう

    • 確かに20スロ好きなだけ打って引退という方法もありますね。過去それで半年くらい禁スロが続いたことかがありました。
      今回はもうキャッシュカードなど妻に全部預けたのでできないです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。