ギャンブル依存性支援団体SAGSと断スロ




どうもreuです。

9月から断スロしてます。今一週間目くらいです。

どうしても断スロうまくいかないので、何となくKindleでギャンブル依存性の本を買ってみました。

それがSAGSという団体の代表が書かれている本でした。読んでみた結果、当事者の目線で書かれており、よくあるギャンブル依存性とはみたいな内容ではなく、本当にやめるための具体的な方法や考え方が記載されており、非常に参考になりました。

今はSAGSの掲示板にアクセスしつつ断スロやってます。

ギャンブルを諦める

とくに心に響いたことは、「ギャンブルを諦める」という言葉です。

今までは何となく気合いでやめる、ギャンブルを憎んでやめるそういう考え方でした。

しかし、著者も書かれていましたが、何年辞めた後でもスロやパチンコが好きということは偽れないということ、そして諦めるしかないという気持ちの方が自然だということが書かれてありました。

これは非常に納得できる言葉でした。

僕もスロは好きです。楽しいです。

でも身を滅ぼします。家族を不幸にするし、仕事にも打ち込めなくなります。だから諦めようと思いました。

時間を稼ぐ

また、時間を稼ぐという言葉もでてきます。依存による衝動から解放されるにはまず時間を稼ぐ必要がある。これは確かにわかります。しかし、稼ぐという言葉がまた新鮮でした。稼ぐうちに楽になる部分と油断の芽生えもあります。

しかし具体的に何をすればスロットができなくなるか方法にも言及されており非常に参考になりました。

また説得力があるのは、この団体が何千人という依存性の人を支援してきたかというデータです。

統計によるとほぼ3年時間を稼げればスリップする割合は10パーセント未満まで落ちるそうです。

そこまでなんとか時間を稼いでみます。

依存症克服だけではない

また、大事なこととしてただギャンブルをやめればいいということでもないとも書いてあります。プラスアルファ自分をギャンブルをやる前の自分に戻す、さらに成長を志ざす。

そういったことが前提として必要とも書いてありました。

非常に参考になったので、是非同じように悩んでる方、読んでみてください。