突然上司が変わって辛い。やっぱり外資は向いてないようです。




どうもreuです。

しばらくブログサボってましたが、また書いていこうと思います。

仕事の辛い時の対処法やらギャンブル依存症についての内容になると思います。

また最近Kindleで本を読むのが趣味になってきたので役に立った書籍なんかも紹介しようと思います。

会社辛いよ

さて本題です。

ぼくは今外資系のとりわけノルマに厳しい会社で働いています。

いま本当に辛いです。入ったのを半分後悔しています。

自由気ままで自分の裁量で営業ができる、お金ももらえるしそれがモチベーションになるだろう。

そういう甘い気持ちで入社しましたが、半年でもういっぱいいっぱいという感じです。

週に10回くらいは辞めたいと思ってます。

消えた上司

そもそもこの会社に入ったのは面倒見のいい、優しい雰囲気の上司が自分を採用してくれると言ってくれたからでした。

この人のもとでならなんとかやっていけるだろう、そんな風に思って入社しました。

そんな上司が入って早々に辞めてしまいました。

理由は激しいノルマに耐えきれずギブアップです。

担当顧客は中途半端な状態で引き継ぐことになりました。

その上司は非常に人として尊敬でき、活躍されていた方でしたが、実は精神的な疲労がたまっていたようで心を病んで辞めてしまうことになりました。

自分を採用してくれた人、短期間だったけど励ましながら育ててくれた人がいなくなるのはとても辛い。

その人は僕のことをとても評価してくれていたし、仲良くもなれていたつもりでした。

それが急にいなくなって、あろうことか新しい上司はめちゃくちゃ厳しい方。。

もうこの時点であかん、続かないと思いかけました。

絶えることのない不安

外資企業の営業は常に不安と隣り合わせです。

日系よりもかなり金額にシビアです。

つまり解約があったり、設定した目標額がたっせいできないと大目玉を食らいます。

通期つづくと下手したらクビ

もしくはいづらくなって自分で辞めて行かざるを得なくなります。

そんなわけで常にストレスを抱えています。

でもまあ一応なんとかやってます。

でもしょっちゅう心が折れそうになります。

新しい上司は言葉がきついです。結構詰めてもきます。やるべきことをちゃんとやっているか、かなり聞かれます。

それに数字の見込みもまだ少なく、解約などのリスクもあったり

いつか窮地に立たされる日を怯えて過ごしています。

自分の身は自分で守らねばならない

外資という会社はメンバーだけでなく上司もコロコロ変わります。

それはこういった形で自分からやめるだけでなく、マネージャーも容赦なくクビになります。

更に本社の意向で組織が変更になり、上司やチームが変わるということもたびたびあります。

だから上司に守ってもらうという気持ちではダメなのかもしれません。自分で自分を守らねばなりません。

これは日系の会社とは多少違うことかもしれませんね。会社が守ってくれるみたいな感覚はほとんどないのです。

ダメなら切る、もしくはダメだからと思わせていって自分からでさせる。そんな感じです。

能力があって自立して仕事がこなせる方にはいいでしょう。

でも自分みたいな軟弱で自立してない人間には酷な環境です。

もし、外資を考えているという人がいましたらこのことは頭に入れておいていいと思います。上司がいつやめるかいなくなるかわかりません。

そういう状態をイメージしてそれでもなお頑張れるという人であればいいと思います。

やっぱり自分は外資に向いてない

ぶっちゃけ僕は外資系に向いてないと思う。

くる前から外資系はお前は向いてないと言われたこともあったけど、

そんなのやってみないとわからないだろ!?と思って転職しました

素直に助言を聞いておけば良かったと思います。笑

正直給与に釣られました。

でも新しい上司に蔑まれているという状態でもまだ無いのでこれからの成果によってはなんとかなるかもしれない。

報告をちゃんとすること、言われたことをちゃんと早くやること。素直にアドバイスを聞き入れること。

これをいまのところしっかりやれてるからそこまで酷いことになっていません。

今はそれでいいのかもしれないけど、やはり自分の力で数字を作って来る自発的に動く能力、突破力みたいなものが求められる。

そういう意味では自分はダメだなと思う。

まあ好き勝手めちゃくちゃに動いてはもっとダメなんでしょうけどね。

あとメンタルが弱い。

やっぱり少しでもイレギュラーなことがあればパニックになってしまうし

じわじわと続く不安な気持ちを切り替えるのが苦手だし。

精神的な持久力がないときつい環境です。

僕には前の会社で失踪したこともある。

豆腐メンタルです。

こんなんでやれるはずがない。

最近朝飯昼飯たべれないくらい食欲湧かないし。。

後は自分に自信がないこと。

これも最悪です。

自信がないと自分を売り込めないので、他の会社を渡り歩くということが難しいからです。

僕の後輩で正反対のやつがいます。プライドが高く、言うことを聞かないタイプ。

アドバイスを生かさない。報告も誤魔化す。でも自分には自信があるから自分のやり方を貫く。

外資に来る人はこういうタイプも結構います。

こういう人は上司からすると外資であってもやっぱり使いづらいとよく聞きます。でも、そういうひとは図太くメンタルが強いです。

うまくいかない時には自分を評価しない会社が悪い、

評価してくれる会社に変わろうと考え転職していきます。

こういう人が外資向きなのかもしれませんな。。

頭のネジが1本か2本飛んだような人じゃないとまともに働けない会社だと思ううちの会社は。

とはいえ外資にもいろいろあるので、もっとまったりな環境もあるかもしれません。

この先どうなるのか不安でいっぱいです。