ギャンブル依存症

脱ギャンブル1年達成。開始から今までを振り返ってみる。

どうもレウです。

ブログ最近本当に放置状態になってしまっています。もっぱらツイッターにつぶやいているばかりの状態ですが、長文になりそうな内容はこちらに書いていこうと思います。

今日時点で脱ギャンして375日目です。2018年9月1日から1度もギャンブルをせずにここまで来ました。自分はパチスロに主に依存していましたが、麻雀、カジノ等々いろんな誘惑がありましたが全て避けてここまで来ることができました。

多分1人だったら無理だった思います。自分はギャンブル依存症の自助会に通っていますが、そこで出会った仲間、またツイッター等で出会った仲間達の支えにただただ感謝です。

今日はここまでの道のりをざっと振り返ってみようと思います。

前回のスリップ

確か2018年1月頃にスリップしたので、それから次に止まりはじめるまでの8ヶ月間ギャンブル三昧な日々を送っていました。

スリップのきっかけは転職活動がひと段落ついてホッとしたのと、年末休みが重なったこと、インフルエンザにかかり、インフルが治った後になんか楽しいことをしたいと急に思ってしまったのがきっかけだった気がします。

ちなみにこの時はまだ自助会には行ってませんでした。前回スリップするまでは確か半年くらいギャンブルが止まっていたのだったと思います。

本当にふらっとパチンコ屋に吸い込まれていきました。半年止めているのだし勿体ないと思いましたが、そんな事はまあどうでもいいや、その気になればまた辞められるだろうという気持ちに家を出た直後になっていた気がします。ついでに2年やめていたタバコも復活しました。

ミリオン○ッドハー○スを確か打ったと思いますがそこでPGGを引いてしまい見事に再発してしまいました。

ギャンブル再発

一発やったらもう止まる事はありませんでした。もう毎日行かねば気が済まない感じでした。

再発してからは程々に付き合える状態を目指そう。完全に辞める必要は無いじゃないかという気持ちになっていました。昔は勝てていたんだ、本気で立ち回れば勝てるという思い込みを深めていきました。

また転職で給料も上がった為、多少趣味に拠出するお金が増えても問題無いとも思いました。借金も完済していたのでもう大丈夫だろうという気持ちもあったかもしれません。

来店イベントを基本的には狙っていたつもりでした。あとはバジ○ス○絆に力を入れている店を見つけてそこを中心に打っていました。

基本的には設定狙いをしていましたが、来店イベントに行くと毎回数百人以上並ぶ為少しでも打てる番号だったら勿体ないと感じ帰ることができませんでした。

狙いの台がとれず、設定が見込めない台でも打つように段々となっていきました。そして勝っても余裕ができたらハイリスクな台や自分の好きな台を打つようになってしまうので、結局は負けて行きました。

新たに借金ができたりということはなかったですが、結局転職したにも関わらず真面目に働かず、家庭にも向き合わず、生活も楽にならない状況に嫌気がさして行きました。

脱ギャン開始

段々と今度こそやめたいという気持ちになっていたのだと思います、何となくギャンブル依存の本を買ってみました。その本を読んでもう一度やり直そうと決意したのを覚えています。その本にはギャンブルを嫌いになる必要はなく、ギャンブルをやること自体をあきらめようというような事を書いてありました。その時はそれで気持ちが楽になった気がします。

その本に書いてあった通り、金銭管理を妻にお願いし、パチ屋のカードを切り刻み、パチの情報を見ないようにという事を心がけました。

最初の90日間

そこまで我慢しているという感覚は無かったように思います。スロはもうできなくなってしまった、諦めようという精神でいました。それが自分には合っていたのか衝動が出る事はあまりありませんでした。

自助会のビッグブックと呼ばれる本にでてくるドクターボブの話でも、神様にお酒を飲む楽しみを取り上げられてしまったと考えるようにしたと書いてありましたが、今思えばそれと似たような気持ちだったのかもしれません。

ただ、やはり何事にも依存しやすい性格には間違いなく、スマホゲームやツイッター、ブログにハマって行きました。

空白の時間はだいたいそれで埋めていたように思います。

自助につながったきっかけ

前々からスリップする度に自助会に行ったらという助言を受けていましたので存在は知ってました。でも宗教臭いし、ギャンブルの代わりに謎の集まりに依存してるだけではないかと小馬鹿にしているくらいのものでした。

ですが、ちょうど脱ギャン開始3ヶ月くらいから危機感が薄れ始め、これでは今までの二の舞になるのではないかという考えが出てきたのも事実でした。ネット上で脱ギャン開始を志してから5年間もスリップと再発を繰り返していたので、これまでのやり方では駄目なのではという気持ちもありました。また、ブログを書く事にもはまっていたので一つブログのネタにでもなるんじゃないかという邪な理由もあったかもしれません笑

ですが、結果的には自発的に自助会に行きました。

自助会に繋がってから

正直に話せる場が見つかったことが自分にとってはとてもありがたかった記憶があります。同じ病気の克服を志す仲間が見つかったのも正直に嬉しいと感じました。はじめて自助会につながっても気持ち悪い、何か合わないと感じると聞く事が多い中、これは自分にはありがたい事でした。

そこから週2-3回くらいのペースで通うようになりました。

ですが、同時にツイッター依存がひどくなり被害妄想なども膨らみ一度ツイッターを辞めてしまいました笑

ツイッターを離れてからも週一程度で自助会に繋がり続けましたが、段々と仕事が忙しくなりプレッシャーも強くなって行き自助会の優先順位が落ちて行きました。

段々と仕事が占める割合が増え、仕事か家かという感じになって行きました。正直その間ギャンブルをやりたいという考えは殆ど無かったですが、仕事に集中しすぎて疲労とストレスが相当溜まっていっていました。90日目から240日目くらいまでは、仕事に没頭してギャンブルをやる間がないという感じだったように思います。自助会はホームだけ週一でいってる感じになってました。

スポンサーシップ(12ステッププログラムという依存症の回復プログラムをパートナーと一緒に進めること)も繋がってからすぐ始めましたが、段々と頻度が落ちて行きステップ4(過去の棚卸し作業)からなかなか進まない状況になりました。

ツイッター復帰と長期休暇

その後仕事仕事の毎日を続けていましたが、ゴールデンウイーク後、緊張の糸が切れたのかまったく会社に行く気になれなくなってしまいました。ずっと体調不良を抱えながらメンタルクリニックで処方された薬をつかって無理やり働き何とかしてきたので、疲労がたまりきっていたのかもしれません。その結果紆余曲折はありましたが約1ヶ月仕事を休ませてもらうことになりました。

また同時にスポンサーさん(12ステッププログラムという依存症回復プログラムを共に行うパートナーの事)にも相談してステップ4,5を急ピッチで進めました。(ステップ4と5で過去の棚卸しを行い、自分の性格上の欠点を明らかにしていきます)

その結果仕事で疲弊しているのも結局は自分の欠点が様々なストレスや不安を作り上げている事が原因なんじゃないかと思うようになりました。

また、ゴールデンウィークに突入したのとほぼ同時にツイッターを復活させました。この事もある意味では良かった気がします。

長期休暇

1ヶ月の休みの間はなるべく自助会のミーティング会場を回ることにしました。しかし、結果としては週3会場くらいしか回れませんでした。毎日ミーティングに通うと言うのは思った以上にしんどい事でした。誘惑がいろいろとあったり、つい面倒になってしまい思うように足は動きませんでした。

それでもあまりいけない会場に足を運べ、いろんな仲間と話す事ができたのでその事はすごくよかったと思います。

また、復帰したツイッターではツイキャスを利用したミーティングのようなものが流行りだしており、それに参加するという事もしました。

賛否両論はあるかと思いますが、そのおかげで地方の方や他の依存症の仲間(アルコール依存、性依存、薬物依存、家族の自助の方)と繋がる事ができました。また、12ステッププログラムに取り組んでいる仲間からのアドバイス等も受ける事ができ、自分としては非常に助けになっているように感じます。

仕事復帰と1年達成

そこから仕事に復帰して約2ヶ月働いたところで一年達成と言う事になりました。この一年、長かったような短かったようななんともいえない感覚です。一年とまったということは生まれて一度もなかったため、今やっている行動は間違っていなかったと思えます。しかし、まだたった一年であり、これからずっとやめ続けなくてはなりません。ですので、そこまで特別な感慨もないといえばないです。しかし、一年止まったのは自分1人の力では決してないと言う事です。その事に感謝しなくてはならないと思います。

一年達成して得られた事

生活は昔とは比べ物にならないほど楽になったと思います。そこまで切り詰めなくても貯金はできるようになり、お金の事で悩む事がなくなりました。

また、ゲームやギャンブルといった嗜癖的行動がなくなった事で毎日刺激を求めなくてもある程度は満足できると言う身体にもどってきたと思います。例えば、筋トレをするジョギングをする、普通に家族と食事をする、家の掃除をする、そういった普通の行動がそんなに苦痛ではない、もしくはそれなりには楽しめるようになってきた気がします。

しかし、この一年で得られたものは新しい自分の居場所だったように思います。

これまではざっくりいうと会社か家庭かしかありませんでした。そしてそこでは現実に向き合わずにげてばかりきたように思います。しかし、今は自助会、SNS上の仲間がおり、ある程度自分の本心などを打ち明けたり相談したりできる人たちが増えてきました。

ちょうど今日、GA30周年の全国の集いに行ってきました。そこで仲間の大切さ、ありがたさ、回復した人たちが見せてくれる希望というものを改めて感じてきたところです。

自分はまだ歩み始めた段階です。12ステッププログラムに沿った生き方も実践し始めましたが、まだまだうまく使えている段階ではありません(その事も改めて今日思いました)。これからはプログラムに沿った生き方をさらに実践し少しでも生きやすい自分に変わっていくための行動を更にしていきたいと思います。

今は自分に正直になる事、自分が本当に何をしたいか見つめ直す事、12ステッププログラムを進め、過去の自分と折り合いをつけること、そして今課題に感じているアダルトチルドレンの問題。こういったことに取り組もうと思っています。これらを放置していては多分いつまでたっても生きづらいまま、自分の生きたい人生を歩めないままになってしまうのではないかと今思っています。

長文になってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました!

 

 

ブログランキング参加中!
⬇︎ランキング参加中です!よろしければ応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください