どん底から這い上がる。借金、過労からの休職からの復活履歴




どうもreuです。

いますごく自分がひどい状況の人がいるとして、自分はいつになったらよくなるんだろう?と不安になっている人がいるかもしれません。

でもいつかきっとよくなります。僕でもだんだんとなんとかなってきたので。

どん底って書いてますけど、客観的に見たらどん底じゃないかもしれないけど自分なりにひどい状態だったから書いて見ようと思います。

復活履歴の前に如何にしてダメ人生を歩み始めたかについても触れておきます。

大学時代 ダメ大学生のテンプレのような生活

少々遡りすぎですが、大学時代の有様を書いておきます。

大学入るまでは割と頑張って勉強したのですが、スチューデントアパシーてやつですかね。

大学入ると頑張る気が全くなくなった様です。

大学入ると先輩たち主導でキャンプとか花見とかやるんですが、友達も増えるし、女の子の知り合いも増えるし、お酒も入ってテンション上がるし、何より学生になって自分を束縛するものが無くなったので新鮮な気持ちでした。

そういう日が続くうちにもともとだらしがない自分はどんどん自堕落な生活に陥って行きました。

そして色々ありつつ毎日麻雀とパチスロに明け暮れる日々を送ることになります。

バイトで稼いだ金もギャンブルのおかげで不安定でしたね。

なんでギャンブルにはまっていったのかについてはいまだによくわからないですが、もともとその素質があったということでしょうかね。。好奇心が強く自分の制御が苦手だったんだと思います。

学業もガタガタで、単位も落としまくりで留年こそギリギリで免れたものの、四年に上がった時40単位残っている有様でした!笑

 

就活も出遅れて数少ないエントリーから微妙な企業に入社。安月給でこき使う系の会社です。

思い返せば学生生活しっかり送って就活もまじめにやってればもっと楽な人生送れてたと思う。

 

社会人2年目にして不安障害?で休職

2年目に引き継いだ大量のお客さんのおかげでキャパオーバーになり、ミスや過労が重なって私は会社から失踪します笑

ストレスが溜まった結果、夜ふかしして酒を飲み散らかす、ゲームをやりまくる、休日はパチ屋、寝る時は知り合いの女の子と通話しないと寂しい、そんな感じでどんどん現実逃避していきましたね。

そのうち睡眠不足になって会社にもいきたくなくなったんです。その結果無断欠勤して電車で旅に出ました。

結局上司が家まで来たりするなどして連れ戻されましたが

とりあえず休職した方がいいよっていう産業医の勧めもあり休むことになりました。

診断の結果は簡単なアンケートに答えただけで不安障害に。

薬飲んでもよく効果がわからんしすぐ通わなくなっちゃったんですけどね。

しかし今思えば安易に休職したのは間違いだったかもしれません。。楽な道を選んでしまったんです。その時は何もかもから解放されて嬉しかったのですが。。

休職すると思ってる以上に今後の人生に影響を与えます。本当に重度の病気の人は休むべきですが、まだ仕事量を調節できるとかそういう人は安易に休むべきじゃないと今は思います。

休職すると単純に会社に居づらくなるし、負い目になってどんどん自分に自信をなくすんですよね。それが一番辛い!だからなんとか踏ん張った方が楽。踏ん張るとあいつはよく踏みとどまったってなりますしね。でも無理は禁物です。死んだら元も子もないないですから。。

ちなみにこの時の上司とは今ではとても仲が良く、よく飲みに行きます。今となっては笑い話にできますが、大変だったな。

 

休職の結果借金まみれに

休職時は給料はでませんから、友達やキャッシングから借金をして暮らしていました。

それ以前にあった買い物のクレジット払いなども滞納することになり、その結果約合計100万の借金を負いました。あとは休職期間中の税金滞納とかね。

延滞が続きブラック登録されましたのでクレジットカードなども何も使えずローンも組めない状態になりました。

休職から復帰し部署移動 そこで糞上司にあたってしまう

復帰後は部署移動になりましたが、そこでの上司が明らかにADHD系、ダメなスティーブジョブズみたいな奴でそいつのおかけで仕事のモチベーションはだだ下がりでした。

ちなみに部署移動してしばらくして結婚します。 その頃も家計的には苦しく妻にもひもじいを思いをさせたし出産費用などもまともに出せない始末。

結婚式も挙げられてないし、指輪もない。そんな自分に愛想つかすことなく常に励ましてくれたことに感謝です。。

仕事の話に戻すとまあ上司との相性もよくなかったけど、その部署の仕事が本当につまらんかった。

結果五年もそこでぶら下がるわけですが、この5年のうち最初の2年で借金は完済しました。そのころは妻に完全に金の管理を任していたのでそれが功を奏しました。

そのあともスロットとかは結局やめれてませんが新しい借金はできてません。

ちなみに復帰後はモチベーション低下によりサボりまくり勤怠最悪のため同期の中でも給与は低い方、年代別の平均年収でみてもそんなにいい方では無い状況でした。それに妻も専業主婦でしたし、子供もいるので超絶苦しい家計でした。

会社も僕にきつく言わないし、それに甘えるという本当に無駄な5年を過ごしました。自尊心はどんどん落ちていきましたね。評判も最悪だったと思います。

妻が働いてくれることに

妻はもともと子供と2人の時間が多い時間が辛かったらしく、働きたいと言い出しました。で、幼稚園の時間に合わせて働けるいいパートが見つかったんですよね。そのおかげで月10万近く稼いでくれるようになったので本当に助かるようになりました。これがつい半年前のこと。

それまでは毎月給料前はお金の余裕がまったくなかったですが不安になることはなくなりました。妻に感謝感謝です。。

さらに僕が転職

他の記事でも書きましたが、仕事が糞つまらんのと給料が低いので思い切って転職しました。そのおかげで年収は上がりました。

インセンティブ次第で、安定はしてないですけどね。でもベースだけでも前職より上がったのでとりあえず良かったです。

正直この転職はある意味ギャンブルですけど、外資はある程度職種で給与ラインは決まってるんです。だから日系みたいに前職の給料を考慮した給与体系になり辛い。一気に給与をあげれるチャンスがあります。

生き残るのが大変なんですけど、そんな刺激的な環境の方が楽しいし成長できるなって今は思ってます。

そんな簡単に転職できんの?て思われるかもしれないですができます!だって僕みたいな休職してて勤怠も最悪、突出した能力もないのにできたんですから。

ほんと転職は縁だと思います。

今は特に情報通信、建設系、運輸系は人手不足ですし、超労働者売り手市場なので大チャンスです。

金融ブラック解消

借金問題では延滞が続いて裁判所に行って債権回収にあったり色々あったけども、最近信用情報を取り寄せたところあと数ヶ月でブラック履歴が消えることがわかりました!

これに関しては時間が経つのを待つしかないので、何もしてないですが、自業自得ながら酷い目にあって、それに懲りて借金や滞納には気をつける様になったのがよかったのかなと。。

5年は長かった。

振り返ってみて

やっぱり一番大きいのは収入が増えるってことです。

心の余裕がまったくもって変わっていきます。自分の欲しいものも買えるし、我慢する必要もない、お金も溜まって行きます。

だから節約だ断捨離だなんだと頑張るより副業したり、共働きに変えてみたり、給料を求めて転職したりそういう風な方向の努力の方がよっぽどいいです。

そのためにはチャレンジ精神と金になることを考えるってことが大事だなと思います。節約や我慢もできるのは素晴らしいけどほどほどでいいと思う。

自分には精神的に辛いものがあったし、5年色々節約しつつやってきたけど劇的な変化はなかった。やはりインパクトがあったのは収入の変化でした。

一度きりの人生とはよく言いますが、本当もっと早く行動してればと今は思います。

あと今は副業もインターネットで簡単にできますし、金を稼ぐ手段はいろいろ分散した方がいいですね。

ぼくもまだまだ復活の途上なので引き続き頑張ろうと思います。