禁スロスタートできないという方へ。順調にスタートを切る方法を考えてみました。




どうもreuです。

禁スロ今日で51日目になります。(大型スリップ過去3回)

この時点で

お前のいう通りにやってもうまくいかんわ!

て思われるかもしれませんw 確かにそう思われて仕方ないです。でも少し手応えも感じています。。

小型のスリップ(1ヶ月以内のスリップ)も含まれば多分50回くらいスリップしています。本当に意志が弱い男です。と言っても最近思うのは意志の強さとかどうでもいいというか、意志の強さや精神力に頼るってのがそもそも危険なことだなーということです。。

やはり物理的にやりづらい環境を作らなくては依存症に立ち向かう事はできないなーと思っております。

それについては以下の記事を書いているので参考にしていただければと思います!

きっぱり諦めてしまおう。スロットをやめるメリットや理由を考えても意味は無い

2018.10.13

禁スロ禁パチするには金銭管理が大事。スリップする前提で家計を考える。

2018.05.10

さて、今回はどうやったら禁スロのスタートをうまく切る事ができるのかという事について考えてみたいと思います。まだ僕は50日しか立っておらず途上の段階ですが、経験から参考になる事をお伝えできればと思います。

小型のスリップは連鎖する

僕の経験上そもそもスムーズに禁スロをスタートするというのは難しい事だと思っています。

何故なのかというとスリップすると、積み上げてきたものが一度0になります。そうなるとここでもう一度禁スロをスタートしようとしても、

スリップしたら勿体無いとか今までの苦労が水の泡になる。

という感覚がなくなってしまうように思います。そうなった時にどういう考えにいたるのかというと

今のうちにもう一度打っても大差ないだろう

という感覚になります。

ですが、これについては僕の感覚では、それほど気にしなくてもいい、むしろ必要なプロセスと言えます。

小型のスリップを繰り返して、自分が惨めになっていく感覚、後悔する感覚、ギャンブルをやり続ける事が困難であること。そういった考え方を積み上げる時間が必要になるのだと思います。

なので敢えていうと、心からやめたいと思えない限り

今打たないと勿体無いという気持ちが治らない限り

禁スロをスタートしたところでうまくいかないかもしれません。

いつかいいタイミングがくる

自分としては禁スロをうまくスタートできるタイミングというものがあると思っています。

ですが、そのタイミングがいつ来るかは正直分かりません。

底つきという言葉がよく言われます。

そういった何かきっかけがそのタイミングになることもありますし、別に大した理由がないけどもタイミングが来る事もあります。またタイミングを敢えて作る方法もあります(あまり有効では無い気もするので紹介はしないです)

僕の場合は底つきとかそういう事はありませんでした。今回も何故禁スロをスタートしたのか明確な理由は無いです。

敢えて言えばSAGSに登録した事かもしれませんが、登録するに至った理由も半年間で50万負けた。転職して給料上がったのにお金を減らしているなんて馬鹿らしいという、まあ、普通の理由です。

でも、スタートできるタイミングはいつか来るのでその波を掴んで離さないという事が大事だと思います。

禁スロのモチベーションが高まったらする事

SAGSの調べでは一ヶ月未満のスリップ確率が最も高く、それ以後は下がり続けるというデータがあります。ですので、1ヶ月を突破すれば禁スロのスタートを切れたと言えるでしょう。

禁スロをやるモチベーションが高まったら以下の事をやるといいと思います。

まず禁スロをする事を打ち明ける

軽く書きましたが、ここが一番ハードルが高いかもしれませんね。。

家族なり、恋人なり影響を与える可能性がある人に自分がギャンブルに依存していること、やめなければいけないという事、それにあたって協力して欲しいという事を打ち明ける必要があります。

何故なら後述するお金の管理などは信頼の置ける人がいなければ成り立たない事だからです。

ちなみに、僕の場合はなんども奥さんに宣言してはスリップを繰り返していました。だから、打ち明ける事自体はもう形骸化していたと言えます。逆に言えばそこまでのハードルはありませんでした。むしろそれくらいいいんじゃない?とさえ言われました。

しかし、やめたい理由を説明し、自分には厳しく管理してほしい事をお願いしました。

パチ屋のカードを捨てる

ハサミで真っ二つにして捨ててしまいましょう。

貯玉とかは全部交換してくださいね。少しでも残っているとやっぱり誘惑されてしまうものなので。

お金を管理してもらう

これは生活環境や家族構成によっては厳しいかもしれませんが、自分が使えるお金の自由を制限します。

これは他の記事でも書きましたが、最も重要な事だと思います。1日1,000円だけもらう、とか週ごとにデビットカードに一定額入金してもらうとかそういう風に制限する感じです。

禁スロ日のカウントを行う

誰しもやってる事なので普通の事で申し訳無いですw

ただ、オススメなのはSAGSが主催している掲示板で行う事です。僕もそこで報告しています。何故いいのかというと、同じ目標を掲げる仲間がいるのはもちろんですが、一週間、一ヶ月、三ヶ月、半年とステップによってスレッドが別れています。それが、次のステップに向かうモチベーションを生み出せているように思います。

無理にスロットやパチンコを嫌いにならない

まあ、これは精神的なプレッシャーを抑えるための考え方です。

無理に嫌いにならなくていいです。むしろそれを思えば思うほど本当は好きでたまらないという気持ちがくすぶってしまうのでないでしょうか。本当は好きなものを嫌い、憎むというのはストレスにもなるように思います。

なので、好きだけど諦めるという姿勢がちょうどいいように思います。

謙虚な心で臨む

禁スロは精神力、意志力に頼っては絶対ダメだと思います。

自分を追い込んだり、もう大丈夫だと油断したり、パチやスロを憎んだり罵倒したりしてモチベーションをあげるのは危険です。結局は精神の力で衝動を抑制するのは難しいです。謙虚に臨んでいきましょう。これは過去の自分に対する反省です笑

ここが難しいところですが、確かに禁スロをスタートさせるには精神的なモチベーションを高める必要があります。しかし、それに頼り続けるとスリップの原因になります。

要は高いモチベーションを保ち続けるなど不可能だという事です。

まとめ

禁スロをスタートするにはいいタイミングがいつかくるのでそれを待つ!それまではスリップしたとしてもあまり気にする必要はない。自然に気持ちが高ぶるのを待ちましょう。

スタートが切れそうだと思ったら、特に金銭管理の方法を変えてお金の自由を自分から奪いましょう。後は切磋琢磨しながら日数を謙虚に積み重ね、掲示板等で報告していく!

これが禁スロを軌道にのせるための方法だと思っています。

油断せず僕も頑張っていきます。。

読んでいただいてありがとうございました!