第4期禁スロ 60日目達成




どうもreuです。

やっとこさ60日目の禁スロを迎えることができました。

過去3回スリップをしているので、60日目の禁スロを達成できたのは4回目ということになろうかと思います。

今までの経験上1ヶ月を越えればだいたい半年以上は続くことが多い。それからは油断との戦いになってくる。

今までの取り組みについて一応振り返って、今後気をつけることも書いておこうと思う。

禁スロを続ける為にやったこと

お金を持たない

興味深いことに、毎回モチベーションや取り組み方が少しづつ変わって来ているということです。しかし、失敗するときの共通点は同じです。

お金を持たなければ禁スロは続く、お金を持てば禁スロは失敗しやすい

とにかく自由に使える大金を持たないようにすることが重要だなーと思う。

だからなんども書いている通りキャッシュレスにしたり、お金の管理を全て奥さんにお願いしたりしています。

自分でお金を管理している限り正直欲求を制御するのは難しいことだと思う。

衝動が来たとしてもお金が手元になければやれない

という感じではなくて、自分の場合かもしれないけどもお金がなければそもそもギャンブルやろうという考えにはならないという感じです。

でもぶっちゃけそれも人による部分ではあるかもしれない。お金がないからギャンブルで増やそうという人もいるからです。思い返してみれば昔借金を抱えて極貧生活を送っていた頃はそういう発想になったこともあったかもしれない。

それでも、普通の生活をしていれば財布に数千円しかないのにギャンブルに行こうという気持ちにはなりづらいとは思います。

家計簿をつける

家計簿つけるのいいですよ。今回の禁スロではじめてやってみましたけどいい感じです。

紙につけるんではなくてアプリがいいですね。なぜかというとまずアプリの方が視覚的にわかりやすい。

そして家族と共有することもできるからです。銀行口座との連携もできます。

ですので、基本的にはお金を誤魔化すということができなくなります。

SAGSで報告

SAGSという団体が運営している掲示板に報告をしています。

最近ややマンネリ化して来ている感はあるけど・・・w

でも最初の方はなんとか1週間時間を稼ぐ、次は1ヶ月、次は3ヶ月!という感じでモチベーションをあげていけたので良かった。

これからも謙虚に頑張る

これもなんども書いていることですがとにかく謙虚に続けるということを意識して取り組みたいです。

ツイッターを見てて思うのは、長くギャンブルを辞められている人は本当に粛々と積み重ねているんだなという雰囲気を感じます。そしてあまり極端な言葉も使わない印象です。

「もう、絶対二度とやらない」

「スロットはもうやらない自信がある」

「まだパチスロやって極貧生活してるんですか?」

「パチ屋は全てつぶれろ」

「スロットやるより○○した方が有意義にお金を使える」

こういった発言って禁スロをしてるとよくでてくると思うんですが、長く続いている人って不思議とこういったことを言わないんだなと思う。それが謙虚さなのかなと思う。

衝動には抗えないということを理解しているからこそそうなるのかもしれない。

衝動を自力で抑えることはできない。

ある意味諦めも必要。

その上で衝動が来ないように具体的な対策を打つ、仲間と切磋琢磨する、時間を稼ぎ続けることが重要だと思ってます。

一緒に頑張っていきましょう。