納期が守れそうになくやらかしそう




どうもreuです。

いま仕事で納期が間に合いそうになくやばいです。今月末までに導入しないといけない製品があるんですが、てんやわんやで精神的に非常に辛いです。

今回はそんな自分の反省などを書いておこうと思います。。

やばいかもしれないという気持ちが継続してするのは辛い

ある意味一番精神的に悪影響なのはこれかもしれませんね。

このままじゃやばいというのはわかっている状態が続くということ。

しかし社内のいろんな人と一緒に進めなければいけない仕事のため、自分が猛烈に頑張って解決するということでもありません。

製品の価格交渉、注文書の作成、お客さんへの稟議のお願い、受注処理等々。。

関連部署のひとの協力もえなければいけないため、自分でコントロールしづらい部分もたくさん存在する。

まだ慣れていない会社なので進めていく中で新たな課題や仕事が増えたりしてどんどん納期が遅れていきます。

なんとか今月末までに間に合いそうな感じではありますが、

かなりギリギリになりそうで気が気じゃありません。

もし遅れるようなことがあったらお客さんのビジネスに結構な影響を与えてしまいます。もしそうなったらかなりやばいし、多分報告書やらなんやら書かなきゃならないかもしれない。お客さんも激怒するかもしれないし、営業変えろと言われるかもしれない。

そんな不安に押しつぶされそうになります。

スケジュール管理が適当だった

今回こんなことになったのは仕事に不慣れなとこもありますが、スケジュールを逆算して何がいつ必要なのかしっかり把握できてなかったこと。

逆算していつまでに何をやるか、基本的なことだけどスケジュールをたてて実行していかなければ。。

忙殺されていると目の前のことでいっぱいいっぱいになってしまうけども、たまには落ち着いて全体を俯瞰してスケジュールを見直したりしないとダメですね。。

あと、スケジュール管理も楽観的すぎました。

何でもうまくいってスムーズにいく前提で考えてしまっていた。

予想外のことはものすごくいっぱいおこるということが身にしみてわかった。

スケジュールをたてるときは予想外なことおこることを念を入れて予想しスケジュールに組み込まないといけないと思った。

直接話す

メールだけで済まさず特に方針決めの時などは必要なメンバーを集めて直接話した方がいいということを強く思いました。

今回社内のメールやらチャットやらでいろんな人に確認しながら進めたけども、

進めていくうちに新たな課題がでてきたりやり直しになったりいろいろと無駄が発生しました。

多分最初から関係者を集めてどういうプロセスで進んでいくか、

どういうことを考慮して進めなければいけないかを直接話し合いができていればもっとスムーズにいったと思う。。

反省です。

結局なんとかなりそう

これを書いていたのは先週だったのですが、先週末までで何とか課題をいろいろと片付けることができました。。

まず注文書がまだできていなかったことw

月末が締め切りなのにまだ注文書ができていないって本当まずいんですが何とか間に合ってお客さんに送付することができました。

外資の会社なので海外の責任者とやりとりをしたりとかいろいろ時間がかかりまくってしまいましたが、最後は業務系の支援部署にも手伝ってもらいなんとか間に合いました。

あともう一つやばかったのは顧客にちゃんと説明してなかったこと。

これも先週末になんとかお客さんの時間をもらってちゃんと説明しました。そして納得してもらい進めてもらうことができました。ほんとやさしいお客さんでよかった。。

前日電話して聞いた時には、

「ちゃんと説明してくれないとそんなの判断できないよ」

ってややキレ気味で言われたので不安だったのですが、ちゃんと資料を作成して説明すればあっさりオーケーでした。

やっぱりおきゃくさんの立場にたって丁寧に丁寧にやらねばダメですね。。

でもなんとかなりそうでとりあえずよかった。。

まあだいたいのことは大抵なんとかなるもんだ。。

先週はこのことで頭がいっぱいで常に動悸がするというか気が気じゃなかったw

でも新たな別の案件の課題が山積みなので本当に精神がいつまでもつのか不安。

まあクビを宣告されるまではできることを一生懸命やっていこうと思う。。