ポケモンみんなの物語見てきた




どうもreuです。

この間娘が見たいというのでポケモンみんなの物語という映画を見てきた。

正直見に行くのはめんどくせーと思っていたが、見てみたら案外楽しむことができた。

大人でも親しみのあるポケモンが登場

自分はポケモン初代と金銀くらいまでしかまともにやってないけど、その世代のポケモン中心で作られていたので馴染みやすかったと思う。

もしかしたらそういう世代が親になっていることも見越してのことかもしれない。

見ていてなんだこのポケモン?ってのはほとんど感じなかった。

多分最近のポケモンもでていたとは思うけど、メインででてくるポケモンはほとんど金銀世代までのものです。

イーブイ、ピカチュー、ブルー、ウソッキーとか

ストーリー

肝心の内容はというと題名通り5人くらいの登場人物がいて、それぞれが主人公という感じにまとまっている。

それぞれが過去のトラウマや自分へのもどかしさみたいなものを抱えていて、物語が進むにつれてポケモンと一緒にそれらを乗り越えて行きながら話が進んでいき、一つの目的をみんなで達成するというもの。

かなり泣けます!笑

その一人一人の物語がなかなか泣ける内容になっていて、5回くらいウルっときましたw

一緒に見てた妻は号泣してましたwという訳で大人でも十分感動できる内容だった。

人間とポケモンのあいだの憎しみ、それを乗り越えた絆みたいなものも描けていて単純な子ども映画という感じでもなく、ポケモンの括りなしに普通にいい映画だと思いました。

もちろんこどもも楽しめたみたい。ゼラオラかっこいいと言ってましたw

サトシつええ。。

でもちょっと笑えたのはゼラオラの攻撃をサトシが仁王立ちで受け止めてポケモンを守るところ。

しかも立ち上がるという…

サトシが攻撃くらった瞬間、もうこれは助からない・・・ってレベルの強い攻撃をくらうんですが。。

サトシ頑丈すぎて、ポケモンともタイマンはれるんじゃないかとおもったw

ポケモンに戦わさなくてもいいじゃんw

さいごに

しかしまあサトシの逆境を跳ね返す底抜けの明るさや周りを鼓舞する力は単純に気持ちいいし、羨ましいなと思った。

うじうじした自分が情けないと思っちゃいました。

また次回作も楽しみにしたいと思うし、もう一回見たいと思った。