ただギャンブルを辞めるだけでなく、動機を理解し根本原因を解決する必要がある




どうもreuです。

禁スロ順調に進んでいます。SAGSにはただただ感謝です。この調子で謙虚に続けていかなければと思っています。

今日はギャンブルをやめられればそれで全てが解決するのかと言うことについて考えてみたので書いてみたいと思います。

ただ、ギャンブルを辞め続ければいいというわけではない

ギャンブルを辞め続けるだけでも色んなメリットがある事はわかりきったことだと思う。でも辞めるだけで本当になにもかも解決するのか、再びスリップすることはないのかと不安になります。

自分の過去の経験から、ギャンブルから足を洗い続けると、新しいリスクが生まれます。それは油断です。

例えば時間に余裕ができた、お金に余裕ができた。ギャンブルを辞め続けるといつかそういう状態になります。そうなる事で油断が生じるとも言えるのかなと思います。

「暇だからギャンブルをしてみてもいいのではないか」

「今はお金があるのだから少しくらい大丈夫だ。」

そのようにしてスリップしてしまうことが多いのだと思います。

ギャンブルを辞め続けるとギャンブルをやる前に戻るのであって、その事でギャンブルをやらない自分が確立されたという訳ではありません。

ギャンブルを始める前の状態から僕たちはギャンブルにのめり込んでしまったのですから、その状態よりも自分を高めてギャンブルをやるのは馬鹿らしい、無益な事だと自然に思えるようなレベルに底上げしなくてはならないのかもしれません。

しかし、漠然と自分を高めると言ってもわかりづらいです。

元もとなぜギャンブルをやっていたのか動機を探り、それに対して手を打つことから始めるのはどうでしょうか。

何故ギャンブルをやっていたのか突き詰める必要がある

スリップしない自分を作るためには、自分が何故ギャンブルをしていたのか動機を掘り下げ、それらをギャンブル以外の方法で穴埋めする必要があります。穴埋めをして自分の状態を底上げすることでスリップしづらい状態がつくれるのではないでしょうか。

タイプ別の穴埋めの方法

お金がないからギャンブルをする

なかなか厄介なタイプがこれかもしれないと思う。

ギャンブルをしないようにするにはお金を持たないようにしなければいけない。それにも関わらず、少ない金額を増やすためにギャンブルをやってしまうというタイプです。

自分的も借金を抱えていたり、毎月毎月苦しい生活が続くようなときにはこの傾向がありました。

こういうパターンの場合、生活レベルが向上する、お金があるという余裕が心になればある程度解消するように思います。

そのためにやるべきは、簡単にはいかないかもしれませんが、収入の向上と貯金をしていくと言うことが有効なんじゃないかと思います。

自分の場合転職して収入をあげたり、奥さんにも協力してもらって収入をあげたり、貯金を積み重ねていくと言うことをはじめてからは、これが理由でギャンブルをしたくなると言うことは一切なくなりました。

これが動機になる人は常に切り詰めた生活、先が見えない生活から逃避するためにギャンブルをしていると言えます。

時間の過ごし方がわからないからギャンブルをする

何もやることがないからギャンブルをする。

確かにギャンブルは手軽で簡単に興奮できる、どこでもできる。特にパチンコだとそういう側面があります。

僕はまさしくこういうタイプだったと思います。高校時代は楽器演奏や受験勉強にそれなりに真面目に取り組んでいました。大学生活に入った瞬間、これらが急にどうでもよくなり、やりたいことがなくなったというのは自分の中ではそれなりのきっかけだったように思う。

こういうタイプはシンプルで新しく趣味や打ち込めることを見つければいいと思う。

自分の場合はこのブログの更新が一応新しい趣味として変わりつつあります。なかなか新しい趣味と言っても難しいと思いますが、何かしら見つける必要があります。

1人になりたいからギャンブルをする

家族と一緒にいたくない。誰とも関わりたくない。そういう欲求が強いタイプです。自分はこれも重要な理由でした。

別に家族が嫌いとかではなく、単純に一人でいることが好きなんです。または人と一緒にいると何かしらのプレッシャーがかかるのでいやだという感じです。根本解決するためには家族との過ごし方を改めなければいけないのかもしれません。

人との付き合い方やコミュニケーション能力の向上がこの問題を解決するように思います。

自分の中ではまだまだ課題です。

どうしても一人になりたいときは漫画喫茶などに行って数時間一人ですごします。笑

刺激が欲しいからギャンブルをする

日常がつまらないからギャンブルをするというタイプ。

これは休日の過ごし方がわからないと言うことと共通しているが、基本的には勝敗が関わる趣味を見つけていくのがいいと思う。スポーツだったり、対戦型のゲームであったり、あとは釣りなんかもいいと思う。

自尊心を保つためにギャンブルをする

自分に自信がないと言う人はこういうことが動機になる場合がある。

ギャンブルはある意味平等で誰にでも一時的に勝つチャンスはある。スロットで言うと大量にメダルを出し別積みしてもらっているとき、周りから羨望の眼差しでみられる。周りは負けているのに自分だけが勝っている優越感。

こういった経験は自分の自尊心を満たすために役立っていたはずです。

しかしギャンブルをやめた後は別の方法で自尊心を保つことをしなくてはなりません。

自分としてはやはり仕事が1つの鍵になってくるように思う。1日の1/3以上を会社の中で過ごす、ここで自尊心をあげられるようにするのが最も自然な方法だと思う。そのためには仕事でパフォーマンスを出す必要があるし、評価される会社に所属する必要もある。

現実から目を背けるためにギャンブルをする

何もかも目を背けたいからギャンブルをする。こういう感覚が僕自身はありました。仕事でいやなことが重なったとき、溜まっている仕事が逃避したいとき、もうどうにでもなれと思ったとき。僕はしょっちゅう仕事をさぼってパチ屋に行っていました。

これは背けたい現実を解決するしかないのは言うまでもない。

ギャンブルをしているときにはギャンブルに逃げるしかなかったかもしれません。でも、ギャンブルから離れている間はその現実に対処するチャンスはあるのだと思います。僕も今は割と必死に仕事をしてます。。

まとめ

思った以上に長文になってしまいました。笑 しかも文字だらけですみません。いつか綺麗に書き直します。

やっぱりギャンブルをやめるだけでなく、根本原因を解決して底上げをする必要があるように思う。SAGSのタカビーさんも底上げと言う言葉を使われていて、ここで書いた内容と同じ意味ではないかもしれないけど、やはり元の自分以上のものを目指さなければ依存症との戦いは厳しいと本で書かれていた。

自分も少しづつ、やめられているうちに対処を進めなければいけない。

みなさん一緒にがんばりましょう!