禁スロを続けるために。スロットの誘惑の芽を摘む。




どうもreuです。

禁スロ順調ですか?自分はなんとか続いています。

禁スロを続ける上で衝動が起こった場合でも思いとどまる工夫については他の記事で話して来たつもりです。

お金の管理、時間の穴埋め。正直それが一番大事だと思ってます。だって本当に強い衝動がきてお金と時間があれば、どうやっても抑えることができないものだと思うから。

なので衝動に対しては半分争うことを諦めるくらいでもいいと思う。意志の力で丸め込んでもまた襲ってきたりするもんです。衝動がくること自体に不安になってスリップすることもある。だからあまり気にせずお金を持たないように、時間を持て余さないようにしていくしかない。

ですが、衝動が起こる可能性を下げる事もやっておけば更に万全だとは思います。

今日は衝動を起こさない為の基本的な事を書いておこうと思う。

パチンコやスロットの情報に触れない

これはなかなか大変な事だと思う。

正直言ってぼくはスロットが好きです。好きなものに一切関わらないってのはなかなか難しい。

だから、好きだけど諦めるという気持ちで向き合っている。

ブログでギャンブル依存症について取り扱ってることもあり多少スロのことに触れたりもする。多少じゃないかな笑

この時点で結構NGかもしれないけど、極力情報には触れないようにしなくてはいけない。

パチスロ動画

パチスロの実践動画。

すごい引きをしていたり、すごい負け方していたり見てて面白いのはわかるけど、ダイレクトに衝動を起こしてくるので一番避けた方がいい。

負けてる姿を見てモチベーションを上げるという人もいるけど、そもそも禁スロでモチベーションなんかいらないと思う。意志でどうにかなる問題じゃないですから。

禁スロはじめたいというタイミングならそれもいいと思いますけどね。

最初飛び込む時にはモチベーションは多少必要になるので。

パチスロ関連の漫画

まあ今時あんまり読む人いないかもしれないけどパチスロセブンとかそういうやつ。ぼくは昔好きで結構読んでた。漫画喫茶とかいくと気になって読んでしまうこともあるけど、やはり読まないに越したことはない。

パチスロ関連のまとめ記事

スロットのまとめ記事。これは結構注意が必要だと思う。まとめ記事は新台系の情報が多いからだ。新台系の記事には結構期待を高めるようなポジティブな観測も多く載っている。そういうものを見ているとやりたくなってくるのもしょうがない。

店に立ち寄らない

できれば店の前さえも通らないように道順を気をつけるくらいした方がいい。でも、駅前には必ずと言ってもいいほどあるし、至難の技であることは間違い無いです。少し遠回りして避けられるようなら避けるようにしましょう。

ぼくも何回かトイレ借りたりタバコ吸いに入ったりしたことあるけど、やめた方がいいのは間違いない。スリップ報告でも多いのがトイレに寄るつもりが打ってしまったというパターンだ。

たまに負けてる人を観察しにいくという人もいるが、ぶっちゃけそのアプローチは健康的じゃない。見下したり、無理に嫌悪する方法はおすすめしない。結局それも意志に頼りすぎる方法だからです。

パチスロ好きな人を遠ざける。もしくは一緒にやめる。

パチスロ仲間って何人かいるんじゃないだろうか?学生だと友達とか、会社の先輩、同僚とか。

そういう人とは関係を切るくらいの気持ちでいた方がいい。確実に誘惑されるから。

僕も過去2回スリップしたときにはこれが原因でやられてしまった。

でも現実問題そんなことも容易にはできないから、一緒にやめるって感じに持っていくのがいいと思う。案外みんな辞めたいと思っているから。

最低でも「俺、私やめることにした」くらいのことを伝えた方がいい。

2スロや1パチはオーケー?

オーケーなわけがない。そのうち確実にハイレートでやりたくなるから絶対にやめるべし。

またゲームセンターのスロットでも出だしたら脳内物質はちゃんと出るので、打たないようにしよう。

過去のスリップを思い返してみるとゲーセンや低貸しのギャンブルをやると数ヶ月後にスリップしている。やはり少しでも妥協してしまうとモチベーションを保つのが難しいし、失敗してしまったという意識が残ってしまい禁スロが続いているという認識が落ちてしまう。

禁スロが続いているということは数少ない心の支えの1つなので大事にするようにしたい。

さいごに

以上が誘惑の芽を摘むための基本的な考え方でした。

自分もまだまだ十分じゃ無い部分もあるけど、頑張っていきましょう!

読んでいただきありがとうございました!