ブログ運営

ブロガーはやっぱりなんか胡散臭くて説教くさい

どうもreuです。

最近ツイッターもよく見るようになってブロガー界隈の人の発言を見ることも多くなってます。

なんか最近またブロガー増えてますよね?

恐らく最近のブラック企業叩きや働き方改革、副業の解禁などの影響かなと思う。

ツイッターを見てても社畜をやめて不労所得を得よう!ブロガーになろうという煽りを良く目にするし、議論にもなっているように思う。

そういうやりとりを見る中でなんか胡散臭いなーって思うことも多いのでそのことについてちょっと書こうと思う。

自分のブログは意識低い系?ブログ界隈の人とはあまりつるまない

ブログ書いてる人ってなんか意識高い感じがするよね。ちょっと説教臭いというか。

また有名なブロガーの取り巻きが有名ブロガーを崇拝している様を見るのもなんか嫌なのであまりその界隈の人とは付き合わないようにしている。

僕はこんな緩く中身のない記事ばかり書いているので、いわゆる意識高い系ブロガーから見たら、話にならないと思われるかもしれない。実際自己流でやっているし結果も出ていないのでそういう意味では、ブロガーと距離を置いているせいで成長が遅いかもしれない。

自分は元々ブロガーの記事ってなんか胡散臭いよなって常々思っていたし、そういう成功者のブログ全体の記事から意識高い感じがにじみでているように感じてしまう。

そういう事もあってあまり意識高そうな記事は書かないようにしているのだが、実際には意識高い系のブログはさっき書いた通りGoogleから評価されていてPVも多いサイトが多い。

まあ中にはギャンブルや借金ブログのように意識低いけど100万PVとか稼いでいるサイトもあるけど少数派だろう。

自分も意識高い系になるべきなのか迷う

そういう現状を顧みると、成功している人の真似をした方がいいんじゃないかと思えてくるのも事実です。

そしてこのままじゃただの個人ブログの域を出ないんじゃないかと思えてくる。

自分のやり方が通用するのかどうかわからないときには、特に現状成功している多数派の真似をした方が安全だと思うのは当然だ。

そういう意識高い系のブログを真似をするのが戦略としては簡単なのだと思う。

しかしなんか魂を売るような気がしてブロガーの輪に入って行くのを躊躇している笑

しかし密かに参考になるなーっていう考えのブロガーさんの記事はちょいちょいのぞいている。

クロネさんとかヒトデさんのブログとか。基本的に無理せずブログを更新する考え方なので自分のスタイルとあっていていいのかもしれない。

胡散臭いなあと思うブロガーの行動

Twitterのポエム

まずツイッターのつぶやきで教訓系のポエムが多いこと。なぜか知らないが有名ブロガーになるとこういう傾向が強いようだ。

まあそのこと自体は胡散臭いわけではなく、なんか偉そうだな説教臭いなという程度。

しかしそのツイートへ取り巻きたちが賞賛のリプライをたくさん書くのでなんだかなあという気持ちにされてしまうのは否めない。

なにかとマネタイズ

まあブロガーはそれで飯を食っているのでしょうがないんですが、なにかとお金のにおいを感じる記事もおおい。役立つ情報を通りこして、アフィリエイトへの誘導目的なんだなってのも感じることがある。

あとはよくわからないブログ記事と大差ない情報のnoteに何千円も払わそうとしたり、サロンと称して月額何千円もとったりしてもいる。

ゼミ生、コンサル生の存在

これが一番胡散臭さを強くしているように思う。ゼミ生やコンサル生などと称して取り巻きをブロガーにさせ、直接指導してお金を取っている。そしてその成果をネタに記事を書いたりしているのである。

まあべつにそのこと自体も別にいいんですが、アーリーリタイアやセミリタイアを煽って無職に導き金をむしり取るのはいかがなもんかと思う。

その人の人生責任持てるんかな。その辺に胡散臭さや無責任さ金の執着を感じるざるを得ない。

ブログの事をメディアと言う

まあ別にいいんですが、なんだかなーと思うw

収支報告をする

おまえらのおかげでこんだけ儲かったぜヒャッハーってブログで公開するのはどうなんかなと思う。それだけならまだしも、おまえらも俺みたいになりたいだろ?今すぐサロンに加入しよう!的な流れも多すぎていやだw

なぜ胡散臭い系、意識高い系ブロガーが多いのか

しかし、なぜこれほどに胡散臭い系や意識高い系ブロガーが多いのだろう。

正直僕はブロガーについて全く詳しくないが、ブログの手法を一般化させた人として有名なのはイケダハヤト氏だろう。

そしてイケダハヤト氏のフォロワー、もしくは無意識に影響を受けている人はもう山ほどいる。

意識高い系のブロガーはたいていそれだと言っていいんじゃないかと思えるほどだけど、正直イケダハヤト氏が意識高い系そのものという雰囲気を感じてしまうので、フォロワのブログも同様の雰囲気を感じてしまうという事だろう(イケダハヤトさんすいません)

あとはなんだろう、情報発信系の個人ブログという事となると、当然筆者が講師的な役割となり様々な情報を講義していくような体裁になりやすいので、おのずと説教臭くなってしまうのかもしれない。

ここまで書いてきて思うのは、説教臭くて薄っぺらいもしくは欲が透けて見えるというのがこう言ったブロガーの特徴だという事だ。。そのようになるのはできれば避けたい。。

さいごに

自分としてはやはり意識高い系ブロガーは好きになれそうにはないので、意識低い系でマイペースに行きたいとは思う。

この時点で成功する可能性はひくいのかもしれないけども、正直意識高い記事を書き続けるにはもの凄いパワーが必要だと思うから単純僕にはそれを続けるのは無理ってのもある。

ただ、意識高い系で頑張っているブログでも急に更新が止まったりってことも多くみられるので、やはり全部が全部成功するわけではないし、そういう記事を量産するのは結構辛い事なんだと思う。

まずはしっかりブログを続けることを目標にしたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください