ギャンブル依存について考えた事

自分の醜い過去。ギャンブル依存者がよくつく嘘と行動定番編。

どうも脅迫的ギャンブラーのれうです。

僕はギャンブル依存症特にパチスロパチンコの当事者です。スリップを繰り返しながら少しづつギャンブルから離れている最中です。過去とか書いてるけどほんの3ヶ月前までやってたわけで、偉そうな事は全く言えないんですが。

僕は奥さんも子どももいて、奥さんはギャンブルは一切やりません。僕がスロットをするという事は知ってますが、そんなに重症だとは思っていないようです。それは僕が嘘を吐き続けてきたからというのが理由としてあります。ある程度は明かしていますが、隠している事もいっぱいあります。いつかは全て明かさなければいけないのかもしれない。

さて、今日はギャンブル依存症の人が吐きがちな嘘について書こうと思います。嘘だけでなく怪しい行動なども含めて書きます。(自分がパチスロ依存なのでパチスロの関連性が強めです)

身内にギャンブル依存が疑われる方がいる場合にはこういった発言や行動を怪しいと気づいてもらえるきっかけにしてもらえればと思います。

自分でもクズだなと思う部分もあるけど。それを承知で今日は書きます。嫌いにならないでいただけると幸いです。

ギャンブル依存者の怪しい行動

寝起きが悪い癖に休日はやたら早く起きる

普段は特別早起きじゃないくせに休日やたら早くおきる場合。具体的には7時くらいにはおきて8時くらいに出かける。これはほぼ確実にパチ屋のイベントに行っています。

休日早起きする趣味なんて限られてますから。釣りとかゴルフくらいかな?仮にそうだとしても、ゴルフだともっと早く起きると思います。釣りはすみません、あんまりやったことがないからわからないですが。

なぜこんなに早くおきるのかというと、パチ屋のイベントって鬼のように人が並びます。地域にもよるけど、早ければ9時に開店し、遅くとも10時に開店します。

大量に並ぶのでみんなが台に座れるわけではありません。

なので、開店一時間前から30分前に抽選を行って整理券をもらうというのが昨今の流れになっています。

また、並ぶ人数が多すぎる場合には途中で打ち切る事もあるため、抽選時間ギリギリにいくのは得策ではありません。よってかなり早めに並ぶものです。その結果かなり早めの時間に家を出る事になります。

やたらスマホを気にしている

これはなんとも言えない事ですが、会話中や食事中等でもしきりにスマホを気にしているという場合にはネット競馬等の公営ギャンブルをやっている可能性があります。

僕はやったことないのでわかりませんが、知り合いの方はネット競馬中毒だったらしく常にスマホを見て一喜一憂していたのだそう。

昼間にふらっと出て行ってタバコ臭くなって帰ってくる

はい、これもパチ屋濃厚です。

昼間にふらっと出ていってちょっと打っていこうという事もあります。出て行く際に自分がよく行ってたのはちょっと散歩してくる、ちょっと飯食ってくるとか行って出ます。そして夕方下手したら夜遅くまで帰らない。という感じです。

ちょっと昼飯いくのにそんな長く外にでることなんて普通ないかな笑 自分の場合家が好きだし。本当だったらすぐに帰りたい。普段インドア派なのによくわからない理由で長い時間外でてたら怪しいと思っていいかな。

パチ屋はほぼ確実に喫煙可のため異常にタバコ臭くなっていたら確実です。

もちろん、そこも怪しまれない為に僕は漫画喫茶に行っていたとか、ダーツに行っていた、ゲーセンで遊んでいた等と言い訳していました。

タバコ臭い場所ばかりを行き先として多く言う場合も怪しいと思ってください。

謎のお菓子をもらって帰ってくる

これもパチ屋にいた可能性が高いです。パチ屋は全ての景品をお金にかえられるわけではありません。余ったコインや玉は景品と交換する必要があり、多くの場合お菓子や酒、飲み物と交換する事になります。

おかきやチョコ、飴玉など普段買わないようなお菓子を持って帰ってきた場合怪しいと思いましょう。また、パチ屋の景品は無印の白い袋に入れる事が多いです。買ってきたのであればスーパーなりコンビニなどのロゴが入っているはずですので、それもおかしいと思いましょう。

僕の場合、そういったお菓子は帰ったら隠しておいて後日カバンなどから取り出し、会社でもらったなどと嘘をついていました。

カバンなどからコインが出てくる

パチ屋に出入りしている事、

見よ!奥さん!(もしくは旦那さん)

・・・本当にすみません。これも病気の一部です;; 本当に自分の頭おかしいんだなって思います。

話を戻すとたまにカバンをチェックして見てみましょう。コインが出てくる事があります。玉はあんまりないかもしれないですが。なぜかと言うとスロットを打つ時多くの人は椅子の下あたりにおいて打つことになります。

コインを入れ損ねたり、多く払い出されて溢れたりしたときにちょうどカバンにはいるんですよね。コインが入る事なんてパチ屋くらいでしかないのでほぼ確実でしょう。

ギャンブル依存者のよくつく嘘

家族に仕送りをする必要がある

これは大金を負けた際によくつく嘘です。

5万とか10万とか負けるとやはりバレるものです。だからこそ、敢えて半分正直に話すというかまとまったお金が必要になったという嘘をつきます。

自分の場合は家族の自動車が壊れただとか、家の備品が壊れたのでお金を工面してほしいと言われている等と嘘を付いていました。

この手の話が頻発するようであればギャンブルで大金を失っている可能性が高いです。

今日は仕事で遅くなる

このパターンも仕事帰りにスロを打つ際にはよく使っていましたね。毎日のように残業をしている感じでした。残業が多い割に疲れてそうに見えなかったり、仕事の具体的な中身が見えてこなかったりした場合には疑ったほうがいいかもしれません。

急に休日出勤になった

これもありがちですね。休日にパチ屋等にいくときにはよく使う嘘です。

休日出勤になったら本当はめちゃくちゃ嫌じゃないですか。そんなにいやそうでなければ怪しいと思いましょう。また、休日出勤といいながら私服でいこうとした場合も結構怪しいです。

財布を落とした→からの中身は取られたけど見つかった

これも大金を負けた際につく嘘です。

持ってるはずのお金をどうしても隠しきれないときに使います。こう行った事が頻繁に起こるようでしたら怪しいです。また、警察に届け出たのか、どこの交番にいったのか追求してうやむやにするようだったらかなり怪しいです。

なぜ嘘をつくのか

こんな事書くまでもないですが、家族に見捨てられるのが怖いから。というのが理由です。随分自分勝手な理由ですが、本人はそれを恐れて嘘を積み重ねています。

またその罪悪感から目をそらすという事を目的にギャンブルをする人もいるかもしれません。

可能な限りこのような嘘や怪しい行動に気づき、本人に「ギャンブルしているよね?」と言う事を言った方がいいと思います。人によっては怒ったり、反発したりする可能性もあるかもしれません。

ですが、ギャンブルをしている事を指摘したうえで本当の事を話してもらい一回受け入れることができればひょっとしたら次のステップに進めるかもしれません。多分いきなり過剰に反応したりすると本人もパニックを起こし何をするかわかりません。

一度受け入れたあとはGAなりギャマノンなり自助会に一緒に行くというのが長期的にはいいんじゃないかなと思います。それでも受け入れられない事もあるし、付き合い続ける責任もないかとは思いますので最後は個人の判断です。

ちなみに、最近通っているGAにも最初は家族に無理やり連れてこられていやいや通うっていう方も多いそうです。その状態から回復して自発的に長年ギャンブルから離れられている人もちらほらいます。

みんなギャンブルやめてよかった、生きやすくなったと言っています。

なので希望はなくはないと思います。

さいごに

書いてて自分ってなんてひどい人間なんだろうとだんだん落ち込んできました。特に良心に漬け込むような嘘については本当に申し訳ない気持ちになった。奥さんは自分の親の事を想ってそんな嘘を信じているのだから。。

でも、当時は微塵も申し訳ないとは思っておらず、信じてもらえてよかった、助かったーとしか思っていなかった。人として最悪です。

ギャンブルを再開してまたこう言う人間には戻りたくないなと思いました。。これからも頑張ります。

読んでいただきありがとうございました!